2009年10月05日

エアロビクス養成コースが潰れる

最近ウワサを聞きました。
知り合いインストラクターと話していました。

今はない※※って言う養成コースに通っていました

その養成コースは私が当時エアロビクス養成コースに通おうと思った時に、候補の一つになっていました。

私の知っているインストラクターの多くも、その養成コースに通ってインストラクターになっていました。

いわゆる老舗的養成コースです。

そこでは店舗を構え、主にエアロビクスだけの養成コースをしていたようですが、時代の流れか潰れてしまったようです。


最近私の周りでは、エアロビクスだけでなくヨーガ、ピラティスなどの養成コースも行なっている施設があります。

その施設は割と盛り上がっているようです。

エアロビクスとヨーガの養成コースをダブルで受講する人もいるとか。


今の時代、施設もエアロビクスの養成コースだけでは苦しいのかもしれませんね。


ブログランキング.gif←応援クリックしていただけたらうれしいでするんるん
posted by みっく at 08:13 | Comment(3) | エアロビクスインストラクター事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーサイト

この記事へのコメント
またまたお邪魔いたします。確かにスポーツクラブでのエアロのクラスが減りつつあるのはそれだけ会員の選択肢が増えたからなのでしょうか?
エアロもかつてのハイインパクトだけのクラスはなくなり、ローインパクトのクラスが多いです。
確かにハイインパクトだけのクラスにしてしまうと、怪我人がでてもおかしくないかもしれないですね。
時間も1時間きっかりのクラスほとんどないですね。
イントラも人間ですから、いくら先生とはいえ、1日何本もレッスンを持てばしんどいのは当たり前のような気がします。

自分もいずれ年を重ねたら今のようにヒールジャックなんて出来なくなるだろうと思うと、動きが静かなものも取り入れたほうがいいのかなって思います。

刺激を求めてあえて上級クラスに参加する方もいますが、必ずといって良いほど体に無理をして故障している方ばっかりです。
何ごともほどほどがいいのかもしれないですね。
Posted by koko at 2009年10月05日 17:48
kokoさんコメントありがとうございました(^^)

ハイインパクトのクラスや上級のクラスは受ける側もする側も体に気をつけて行なわなければなりませんね〜。

もともとスタジオレッスンは安全一番と教わりましたがそれが崩れているような気がします。
Posted by みっく at 2009年10月10日 10:41
こんばんは、みっくさん。みっくさんの意見に同感です。安全第一のスタジオレッスンが上級クラスの受け持つ先生によっては転倒者がいますね。
特に怪我が多いとされるステップ、上級クラスの特に難しい先生と言われるクラスほどなぜか人気があるけれど、台からこけてる人を何人かみかけましたね。
確かに刺激を求めて難しいクラスもあるかと思いますが、転倒者が出るほど難しいコリオにする必要があるのかどうか、とても疑問に思いますね。
Posted by koko at 2009年10月10日 21:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。